2/9 第6波でコロナ感染の私(4・終)

今回でこのシリーズは終わりです。

 1月26日午後2時30分に白いワゴン車が迎えに来たが、既に女性が1人乗っていた。
運転席と後部座席はビニールで仕切ってあり、車内は終始無言だった。

 ホテル入口にカードキーが入った封筒が用意してあり、このホテルの療養者は20代

から30代の人が目立ち、軽くせき込んでいる程度の人が多かった。1日3回の食事は

自力で1階ロビーに取りに行くが、アナウンスがあってから1時間以内に受け取り、
自室で食べ、空き箱は1階に捨てる。エレベーターは2基あり、数十人が待ちの列を作ったが、
言葉を交わす人は殆どいない。

 宿泊療養期間は発症から10日間で、11日目に退所すると決められているが、
発熱が続くと延期となる。

 ニュースではたくさんの空室があることになっていたが、このホテルでは一つのフロア(階)
の全員が退所してから部屋の掃除と消毒をするので、空室が必然的に生まれる。

 1月23日、小池都知事は、「軽症と無症状の人が出来るだけ自宅で過ごして頂く」の述べ、
原則宿泊療養の方針を転換した。感染して自宅療養を強いられると、備蓄が必須となる。

コロナに罹患していない多くの人は他人事かもしれないが、今回の感染爆発は尋常ではなく、
重症者やリスクが高い人以外は国も自治体も支援出来ない段階に入っている。状況は
刻々変わる。今回の自分の体験も読んで頂く時には古びたものになっているかも知れない。

【編者注】 投稿した方は、朝日新聞記者です。しかし、要約してみると、ほぼ推敲はして
いない文章で、文脈の点検もしていない。文体としては、「頭に浮かぶままに書き込んだ」
感じです。きちんと推敲すれば、半分で済んだ内容でした。
 そして、ホテルに居た時の症状や経過等が抜けています。

2月9日  都会より田舎が安心感がある?・・・・・  T.HoSoDa

 

【”2022中国五県ゴルフ場カレンダ-”   会員権ご購入の方にプレゼント中!!】

2022年掲載ゴルフ場 /久井カントリークラブ/山陽ゴルフ倶楽部/玉造温泉カントリークラブ/瀬戸内ゴルフリゾート/浜田ゴルフリンクス/尾道カントリークラブ(宇根山)/郷原カントリークラブ/出雲空港カントリー倶楽部/大山平原ゴルフクラブ/岡山西ゴルフ倶楽部/鷹の巣ゴルフクラブ/広島東映カントリークラブ  

中四国ゴルフ会員権取引業協同組合員 

“ゴルフを愛するあなたへ ゴルフに恋したあなたへ”
広島県広島市中区八丁堀15番6号 広島ちゅうぎんビル4階
ゴルフ会員権センター ティーアップ 広島

☎ 082-511-5005