2/6 第6波でコロナ感染の私

「東洋経済|ONLINE」の2022年2月1日発信の投稿の引用です。
投稿者はジャーナリストの青木美希氏(朝日新聞)で、原題は
「『第6波でコロナ感染の私』が肌で感じた深刻実態」。副題的に
「1月22日に陽性判明後、東京都の対応は二転三転」が付いて
います。要約して紹介します。

 1月20日(木)午前8時頃、自宅で寒気を感じ、喉が痛い。
体温は36.3℃で市販の風邪薬を飲んだが、午前10時30分
には38.8℃まで上がった。その後、39.6℃まで上がったが
朦朧状態となり何時だったか不明。足の関節が痛くなった。

 家族が薬局で抗原検査キットを買って来てくれて、調べたら
陰性だったが、「念のために」と思い近くのクリニックに電話し、
指定された時刻にPCR検査を受けた。

翌1月21日には喉の痛みが激しくなった。夜は喉の激痛で
眠れなかった。1月22日クリニックから電話があり、「陽性」
を告げられ、「保健所に発生届を出す」。

ワクチンは2回打った。勤務は在宅勤務の措置を取っており、
自分自身もなるべく人に会わないように気をつけていたが、
それでも感染した。どこで感染したのか分からない。自分に
は重症化リスクの高い家族が居る。

電話診療のクリニックの医師は喉の炎症等を和らげる薬と
解熱剤を処方してくれたが、風邪の時に貰ったことがある
薬だった。新型コロナウイルス感染の飲み薬「モルヌラビル」
を調べたら、重症化リスクの高い人のみとなっており、
いつもの風邪より段違いに辛くでも飲めないと知った。
その内に発作的な咳も発生し、暫くは止まらない。

2月6日  去年も今年も風邪を引いていない  T.HoSoDa

 

【”2022中国五県ゴルフ場カレンダ-”   会員権ご購入の方にプレゼント中!!】

2022年掲載ゴルフ場 /久井カントリークラブ/山陽ゴルフ倶楽部/玉造温泉カントリークラブ/瀬戸内ゴルフリゾート/浜田ゴルフリンクス/尾道カントリークラブ(宇根山)/郷原カントリークラブ/出雲空港カントリー倶楽部/大山平原ゴルフクラブ/岡山西ゴルフ倶楽部/鷹の巣ゴルフクラブ/広島東映カントリークラブ  

中四国ゴルフ会員権取引業協同組合員 

“ゴルフを愛するあなたへ ゴルフに恋したあなたへ”
広島県広島市中区八丁堀15番6号 広島ちゅうぎんビル4階
ゴルフ会員権センター ティーアップ 広島

☎ 082-511-5005